Content Linking コンポーネント

Content Linking コンポーネントは、Web サイト内の各ページを本のページのように扱うことのできる URL のリストを管理するためのコンポーネントです。Content Linking コンポーネントを使うと、目次一覧とジャンプ用のリンクを自動的に生成、更新することができ、Web ページの前後に自由にアクセスすることができます。このような機能はニュース アプリケーションやフォーラムのメッセージ一覧などに便利です。

Content Linking コンポーネントは、Content Linking List ファイルというファイルを参照します。このファイルは Web サーバーに格納されており、リンクされた Web ページのリストがあります。

ファイル名

Nextlink.dll

Content Linking コンポーネント本体です。

Content Linking List

Web ページが表示順に列挙されているテキスト ファイルです。このファイルは Web サーバーの仮想パス上で利用できる必要があります。

構文

Set NextLink = Server.CreateObject("MSWC.Nextlink")

パラメータ

NextLink

Server.CreateObject 呼び出しにより作成されるオブジェクトの名前を指定します。

レジストリ エントリ

なし

メソッド

GetListCount

Content Linking List ファイル内にある、リンクされた項目の数を数えます。

GetNextURL

Content Linking List ファイル内で列挙されている次のページの URL を取得します。

GetPreviousDescription

Content Linking List ファイル内で列挙されている前のページの説明行を取得します。

GetListIndex

Content Linking List ファイル内の現在のページのインデックスを返します。

GetNthDescription

Content Linking List ファイル内で列挙されている N 番目のページの説明を取得します。

GetPreviousURL

Content Linking List ファイル内で列挙されている前のページの URL を取得します。

GetNextDescription

Content Linking List ファイル内で列挙されている次のページの説明を取得します。

GetNthURL

Content Linking List ファイル内で列挙されている N 番目のページの URL を取得します。

次の例は、目次一覧を作成します。

<ol>
<%  Set NextLink = Server.CreateObject ("MSWC.NextLink") %>  
<% count = NextLink.GetListCount ("/data/nextlink.txt") %>
<% I = 1 %> <ul> <% Do While (I <= count) %>
<li><a href=" <%= NextLink.GetNthURL ("/data/nextlink.txt", I) %> ">
<%= NextLink.GetNthDescription ("/data/nextlink.txt", I) %> </a>
<% I = (I + 1) %>
<% Loop %>
</ul>
</ol>

次のスクリプトは、[次のページ] ボタンと [前のページ] ボタンを HTML ファイルに追加します。

<%  Set NextLink = Server.CreateObject ("MSWC.NextLink") %>  
<% If (NextLink.GetListIndex ("/data/nextlink.txt") > 1) Then %>
<a href=" <%= NextLink.GetPreviousURL ("/data/nextlink.txt") %> ">
前のページ</a>
<% End If %>
<a href=" <%= NextLink.GetNextURL ("/data/nextlink.txt") %> ">次のページ</a>

(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.