Browser Capabilities コンポーネント

Browser Capabilities コンポーネントは、クライアントの Web ブラウザの機能に関する情報をスクリプトで参照できるようにするためのコンポーネントです。

Web サーバーに接続したブラウザは、自動的に User Agent HTTP ヘッダーを送信します。このヘッダーはブラウザとそのバージョン番号を識別する ASCII 文字列であり、Browser Capabilities コンポーネント はこのヘッダーの内容と Browscap.ini ファイル内のエントリとを比較します。

一致するエントリが見つかった場合、Browser Capabilities コンポーネントは、User Agent ヘッダーと一致したブラウザ リストのプロパティがサポートされているものとみなします。

ヘッダーに一致するエントリが Browscap.ini ファイルの中で見つからない場合は、コンポーネントはデフォルトのブラウザ プロパティを採用します。一致するエントリが見つからず、デフォルトのブラウザ設定が Browscap.ini ファイルで指定されていなかった場合には、コンポーネントはすべてのプロパティに文字列 "UNKNOWN" を設定します。

Browscap.ini ファイルを更新するだけで、プロパティや新しいブラウザの定義をこのコンポーネントに追加することができます。

ファイル名

Browscap.dll

Browser Capabilities コンポーネント本体です。

Browscap.ini

ブラウザ機能を HTTP の User Agent ヘッダーにマップするテキスト ファイルです。このファイルは Browscap.dll と同じディレクトリに置く必要があります。

構文

Set BrowserType = Server.CreateObject("MSWC.BrowserType")

パラメータ

BrowserType

Server.CreateObject 呼び出しにより作成されるオブジェクトの名前を指定します。

レジストリ エントリ

なし

次の例は、Browser Capabilities コンポーネントを使用して、現在使用しているブラウザの機能の一部を示す表を表示します。

<%  Set bc = Server.CreateObject("MSWC.BrowserType") %>  
<table border=1>
<tr><td>Browser</td><td> <%= bc.browser %>
<tr><td>Version</td><td> <%= bc.version %> </td></TR>
<tr><td>Frames</td><td>
<% if (bc.frames = TRUE) then %> TRUE
<% else %> FALSE
<% end if %> </td></TR>
<tr><td>Tables</td><td>
<% if (bc.tables = TRUE) then %> TRUE
<% else %> FALSE
<% end if %> </td></TR>
<tr><td>BackgroundSounds</td><td>
<% if (bc.BackgroundSounds = TRUE) then %> TRUE
<% else %> FALSE
<% end if %> </td></TR>
<tr><td>VBScript</td><td>
<% if (bc.vbscript = TRUE) then %> TRUE
<% else %> FALSE
<% end if %> </td></TR>
<tr><td>JScript</td><td>
<% if (bc.javascript = TRUE) then %> TRUE
<% else %> FALSE
<% end if %> </td></TR>
</table>

(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.