Ad Rotator コンポーネント

Ad Rotator コンポーネントは、Web ページに表示する広告画像を自動的に循環表示するためのコンポーネントです。ユーザーが Web ページを開いたり再ロードしたりするたびに、Ad Rotator コンポーネントは Rotator Schedule ファイルで指定した情報に基づいて新しい広告を表示します。

Rotator Schedule ファイルで REDIRECT パラメータを設定すると、ユーザーがクリックした回数を広告ごとに記録しておくことができます。このパラメータを指定すると、広告提供者の URL へのジャンプが Web サーバーの活動ログに記録されます。活動ログの詳細については、Microsoft(R) Internet Information Server のマニュアルを参照してください。

ファイル名

Adrot.dll

Ad Rotator コンポーネント本体です。

Redirection ファイル

リダイレクトを実装し、ユーザーが広告をクリックした回数を Ad Rotator コンポーネントが記録できるようにするための、省略可能なファイルです。

Rotator Schedule ファイル

広告の表示スケジュールとファイル情報のあるテキスト ファイルです。このファイルは Web サーバーの仮想パス上で利用できる必要があります。

構文

Set AdRotator = Server.CreateObject("MSWC.AdRotator")

パラメータ

AdRotator

Server.CreateObject 呼び出しにより作成されたオブジェクトの名前を指定します。

レジストリ エントリ

なし

プロパティ

Border

広告の周りの境界のサイズを指定します。

Clickable

広告をハイパーリンクにするかどうかを指定します。

TargetFrame

広告を表示するフレームの名前を指定します。

メソッド

GetAdvertisement

次に表示する予定の広告情報をデータ ファイルから取得し、それを HTML として整形します。

次の例では、ユーザーが Web ページを見るたびに異なる広告を表示します。

<%  Set ad = Server.CreateObject("MSWC.AdRotator") %>  
<%= ad.GetAdvertisement("/ads/adrot.txt") %>

次の HTML は GetAdvertisement メソッドにより生成され、ページの出力に追加されるもので、Rotator Schedule ファイルに記述されている次の広告を表示します。

<A HREF="http://www.msn.com/isapi/adredir.asp?http://www.company.com/"> 

<IMG SRC="http://msnnt3web/ads/homepage/chlogolg.gif" 
ALT="Check out the new Technology Center"
WIDTH=440 HEIGHT=60 BORDER=1></A>

(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.